ダッチワイフ業界についての真実

ラブドール

ダッチワイフ業界は、ダッチワイフの大量注文の流入を満たそうとする企業で活況を呈しています。同じ理由で、現在、オンラインで多数のダッチワイフベンダーや仲介業者があり、すべて同じダッチワイフを高品質で販売していると主張しています。しかし、ダッチワイフ業界についてどのくらいの情報がありますか?ベンダーやメーカーとの取引を行う際に情報に基づいた選択を行うことができるように、この業界に関するより詳細な情報が必要です。

場所、値札、配送ロジスティクス、材料など、ダッチワイフ会社に関するほとんどの詳細はあなたに公開されているように見えるかもしれませんが、実際には、ほとんどの情報は隠されています。これは、ベンダーにとってビジネスにおいて大きなメリットになる可能性があり、知らない購入者にとってはデメリットになる可能性があります。

売り手の場所

オンラインで取引を行った場合、ほとんどの場合、ベンダーはあなたの国にいる可能性があります。これがダッチワイフ会社の条件です。一部はあなたの州内にあるかもしれませんが、他はそうではないかもしれません。あなたが彼らの習慣を完全に知らされるようにあなたが購入しているウェブサイトの場所について広範囲な調査をすることは重要です。それが国際的なウェブサイトであるならば、誰かが事務処理と習慣の世話をしなければならず、これは多忙になる可能性があります。ほとんどのベンダーは習慣を回避する方法を知っています、そして彼らがあなたのために同じことを扱うならばあなたはより良い立場にいます。

製造会社のほとんどは、米国を除いて中国に拠点を置いています。しかし、ベンダーは主に米国と英国にあります。ベンダーは通常仲介業者であり、クライアントの購入を仲介していることに注意してください。ダッチワイフを注文すると、中国のメーカーに連絡して注文します。それが準備ができた後、彼らはあなたの場所を提供し、セックス人形は彼らが人形を扱っていなくてもメーカーからあなたに直接出荷されます。

詳細な配送オプション

ダッチワイフを購入する場合は、配送オプションを詳しく調べる必要があります。ほとんどのメーカーは中国に拠点を置いているため、アリババ経由で人形を発送する可能性があります。あなたはあなたと中国人の間に言語の壁があるかもしれないことを理解する必要があります。彼らが誤解のために彼らの側から小さな間違いを犯した場合、あなたの事務処理は台無しになり、税関を通過することはあなたにとって忙しいでしょう。取引を成立させる前に、すべてをカウンターチェックする必要があります。 

アリババの一部のベンダーは本物で信頼できますが、偽造品を配達する不正なベンダーに注意する必要があります。さて、ダッチワイフは安くはないことは誰もが知っていますし、偽物の人形や交渉しなかったものを受け取るためだけに莫大な費用がかかるのは公平ではありません。 

税関、税金、輸入関税

輸入関税に関する明確な方針があるウェブサイトからの購入に努めてください。これは、一部のベンダーが実際にお金を求めており、最高のサービスを提供していない可能性があるためです。先に述べたように、これらの売り手の中には、税関であなたを台無しにするためだけに、急いで事務処理を行うものもあります。連絡先情報などの重要な詳細が適切に入力されていることを確認して、配達がスムーズになるようにします。

それらのほとんどは簡単に習慣を乗り越える方法を持っているので、信頼できるウェブサイトから購入することが重要です。そのようなベンダーは、税金と関税を負担することを明確に述べており、あなたはチップインする必要はありません。また、ダッチワイフの合計価格には輸入税と税金が含まれているため、負担が少ないと明確に述べている場合があります。あなたのために。

プライバシーと守秘義務

セックス業界は、クライアントのプライバシーが不可欠であることをよく知っています。購入する前に、パッケージングとトランザクションに慎重な会社を探しましょう。あなたにはあなたのプライバシーに対する権利があり、あなたの人形の包装とラベルはあなたの人形の輸送に関係する当事者からのそれらの卑劣な凝視にあなたをさらすべきではありません。ほとんどの企業は、過度の露出を避けるために、マークやラベルが付いていない、または単に「ギフト」として示されている無地の茶色の箱に人形を梱包します。

セックス人形にすべての国規制無し?

会社は、世界のすべての主要国に配送することを示します。しかし、これはどれほど真実ですか?あなたの国がダッチワイフに対して厳しい法律を持っているとしても、売り手はお金のためだけにそこにいて、先に進んであなたの注文を処理するかもしれないことに注意してください。ほとんどのイスラム諸国は、アラブ首長国連邦諸国、タイ、インド、ベトナム、モルディブと並んで税関を通過するダッチワイフを受け入れていません。 

一部の国では、性的虐待の一形態と見なされているため、小型で子供に見えるダッチワイフも許可されていないことに注意してください。ダッチワイフが欲しければ、幼い人形ではなく、大人っぽい人形を選ぶのがいいでしょう。この場合、あなたも起訴されます。

合法的なオンラインレビュー  

あなたはほとんどのダッチワイフ会社が彼らがほとんど肯定的なレビューを表示しているウェブサイトを持っていることに気付くでしょう。これは、群衆を自分たちに追いやる動きである可能性があり、ウェブサイトの所有者によって行われる可能性があるため、正確ではない可能性があります。この場合、サードパーティのレビューの方が信頼できます。

一部のサイトは、肯定的なレビューで紹介されようなサイトの真実を損なうために高額な料金を支払っており、レビューは完全に信頼されていない可能性があります。特定のサイトに満足していない、または確信が持てない場合は、それらから購入した個人に連絡して、さらにアドバイスを求めることができます。このダッチワイフ業界では、多くの情報が隠されている可能性があります。できることは、購入前にデューデリジェンスを行うことです。

関連記事  独身者がリアルドールを所有する必要がある10つ理由